home / latest news

自転車と鰻または「三連勝」と「大和田」について
2018.05.09
text & photo by T.Furusato


20年程前に入手した「三連勝」ロードレーサーです。当初の部品の多くは新しいものに交換されていますが・・・


 古里設計を立ち上げて直に、自身の運動不足に気づきました。 それ以前に比べて通勤が短くなったのが原因でしょう。 柏にはもともと凄い自転車屋さんがあったので、そこで手頃なロードレーサーを求めました。 シクロウネというサイクルショップで、そこで作っている自転車のブランドを「三連勝」と言いました。 アトランタオリンピックで銅メダルを取った十文字選手はじめ、多くの競輪選手からも支持されていました。

 そのロードレーサーを求めたとき、お店の看板が据え替えられていたので訊いてみると、シクロウネの創業者は残念なことに、交通事故で経営を続けられなくなったとのことでした。 そこでサイクリングクラブのメンバーだった方が柏のお店を引き継ぎました。 その後、その方はお店の2階自宅を改修して鰻屋を始めました。 聞けば、鰻屋こそがもともとの家業とのこと。 それから2・3年経って、お店が手狭になり、新店舗が計画されました。 もうお分かりかと思いますが、これが私の設計した「鰻 大和田」です。

 そのような訳で、「鰻 大和田」のご主人の梅沢氏は私にとってはサイクルショップのオヤジさんでした。 2003年にオープンした「鰻 大和田」ですが、梅沢氏は昨春70歳を前に勇退し、番頭さんの佐藤氏がお店を引き継ぎました。 佐藤氏も根っからの自転車好きとのこと。

 自転車は私にとって子どもの頃からの趣味で、それがきっかけで古里設計の代表作の一つを創れたことに、何か縁を感じています。


「三連勝」は当時アメリカにも輸出され、今でも人気が衰えません。




home / latest news