home / latest news

「素材」について(その2)
2018.05.16
text & photo by T.Furusato


ウッドリムは乗り心地抜群です・・・

 latest news3「素材」について でお伝えしたウッドリムのロードレーサーが完成しました。 20年ほど前に偶然入手したウッドリム(昔の競技自転車用木製ホイール)に合わせ、ヴィンテージ部品(製造中止からすでに30〜40年ほど経っている)をここ数年で揃えました。 更に、latest news26 私はそれを「ベンチャーズ現象」と呼ぶ でお知らせした東叡社にオーダーし、やっとのことで完成しました。

 高校の頃に文献を読んで初めて知った「ウッドリム」ですが、実際に乗ってみると、今まで体験したことのない独特な乗り心地です。 一般的に自転車で早く走るにはタイヤの空気圧を上げるのですが、そうすると路面の凹凸を拾い、乗り心地が悪く、結果的に早く走れません。 しかし、ウッドリムの場合はタイヤの空気圧を上げても、路面からの振動を柔らかいウッドリムが吸収し、乗り心地良く・早く走れます。 また、コーナリングではホイール自身がたわんで路面をグリップし、鋭いライン取りが可能です。

 ウッドリムの乗り心地は現在主流になっているアルミやカーボンとは全く別次元です。 強いて弱点をあげれば、やはりメンテナンスが頻繁に必要なことでしょうか。 まぁ、ホイールの狂いを直したり、雨の後で乾かしたりと、それらもウッドリムに愛着を増すための作業と言えるでしょう。

 建物を設計していて、クライアントからメンテナンスフリーを求められることがたまにあります。 しかし、手入れの要らない建物はありません。 建物の各部分はそれに応じたメンテナンス周期があります。 手入れすることを通して、建物とクライアントが会話するかのような、そういった余裕ってとても素敵だと思うのですが・・・


フランス スーパーチャンピオン社製のウッドリムです。木目がはっきり出ていて、とにかく目立ちます。



ウッドリムに合わせ、フランス製のとても装飾的なラグ(フレームの各スチールパイプのジョイント金物)にクロームメッキを施しました。




home / latest news