#073 都市の記憶

2020.01.07

昨年末、渋谷に行ってきました。新しくオープンした高層ビルの屋上展望台に上ろうと、家族に付き合いました。海外に負けないサイバーシティー東京を創るのはどうやら国策のようで、渋谷の街も時期に丸の内のようになるのだと思われます。

20代の頃の私は勤務先が代官山だったこともあり、お隣の渋谷には頻繁に通っていました。その頃からすると、いまの渋谷の街は駅やビルが全く変わってしまい、知らない街のようで、とても空々しく感じていました。

展望台から降りてきて、ビルの足元にふと目をとめると、そこに懐かしい形がありました・・・当時は終着駅だった東横線渋谷駅のホームに架かる特徴的な屋根と壁でした。更に床には、当時の形で線路のレールが埋め込まれていました。知らない街のように感じていた渋谷でしたが、一瞬にして当時の記憶が甦り、何かとてもうれしく、一人はしゃいでしまいました。

言葉にならない「想い」までも
「家」にする

千葉・柏の住宅設計事務所 古里設計
(建築家 古里正)
毎日が心地よく、しあわせを
実感いただける
安心安全な空間をご提案します。

TEL04-7170-5666
(休日:土日祝祭日)

お問い合わせ