ブログ

#089 コンペ結果を観に行きました

2020.08.25

オープンコンペで実現した図書館です

この夏休みは栃木に行き、「#086 はやり、そこには魔物がいました」でお伝えした「黒磯  駅前図書館」を観て参りました・・・と言いたいところですが、コロナ禍のせいで正式なオープンが遅れていました。建物は完成していましたが、蔵書などの整理中でした。

愛称を「みるる」というこの図書館はオープンコンペで実現しました。「街に開かれた図書館」というコンセプトがそのまま形になって現れていて、まちの活性化を強く期待されています。

プレオープンだったので、少しだけ中に入れましたが、下掲写真のように内部は大きな本棚で各ゾーンに分かれています。本棚に本がまだ少ししか入っていないのが残念でしたが、天井まで本で埋まったらすごい迫力だと思います。#086の模型写真では室内の本棚が外部にまで突出しています。実際は、内部の木製本棚に対し、外部は鋼製ですが、何と!構造材になって、この建物を支えています。上掲写真で各所に見受けられる黒っぽい棚がそれです。本棚の存在がこの図書館を象徴しているかのようですね。

本棚の存在感がすごいです!

言葉にならない「想い」までも
「家」にする

千葉・柏の住宅設計事務所 古里設計
(建築家 古里正)
毎日が心地よく、しあわせを
実感いただける
安心安全な空間をご提案します。

TEL04-7170-5666
(休日:土日祝祭日)

お問い合わせ